So-net無料ブログ作成

“東京産”の魅力発信/都議会公明党「味わいフェスタ」を視察

s160303.jpg 東京都議会公明党の中山信行、高倉良生、伊藤興一、小林健二の各議員は2月26日、江東区有明のシンボルプロムナード公園を訪れ、28日までの3日間にわたって開かれた「東京味わいフェスタin臨海副都心」を視察した。
 都が昨年度から主催する同イベントは、“東京産”の食材の魅力を広く発信することを目的に、都内の農林水産物を使った料理を多数そろえ、訪れる人々に提供する。有明での開催は初。
 会場には、多摩地域や伊豆・小笠原諸島の郷土料理を紹介する店舗をはじめ、東京以外からも東北や九州の食材を扱った出店が並んだ。イタリアンやフレンチなど各界で活躍する一流シェフたちも参加し、東京産食材を生かした調理に腕を振るった。
 視察後、中山議員は「東京五輪・パラリンピックを見据え、こうしたイベントを通して日本の素晴らしい食文化を世界に伝えたい」と語った。(3月3日 公明新聞より)

伊藤こういち行動記録

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。