So-net無料ブログ作成

真心の支援を被災者に/熊本地震 公明が街頭募金に協力

 『栃木県』 
 公明党栃木県本部(山口恒夫代表=県議)の議員は24日、宇都宮市の東武宇都宮駅前と小山市のJR小山駅周辺で行われた「栃木県『熊本地震』被災者救援の会」(山口忠保代表)の街頭募金活動に協力した。このうち小山駅周辺での募金活動には輿水恵一衆院議員が応援に駆け付けた。
 輿水氏は、多くの人が今なお厳しい避難生活を強いられている窮状を訴えながら、「被災された方々に温かいご支援をお願いします」と呼び掛けた。
 これに対し、通り掛かった女性は「辛いでしょうが負けないでほしい」と快く募金に応じていた。
 『東京・江戸川区』 
 東京都江戸川区の「江戸川区平成28年熊本地震災害支援の会」(日下部義昭代表)は22日、同区内のJR総武線・小岩駅前で街頭募金活動を行った。これには、公明党の上野和彦都議、地元の区議らが協力した。
 上野都議らは14日に発生した地震で、今なお多くの人が避難生活を強いられているとして、「水や生活必需品、医薬品などがまだまだ足りていない状況だ」と説明。その上で「一日でも早い復旧のため、被災者の皆さんに温かいご支援を」と募金への協力を呼び掛けた。
 これに対し、多くの学生や買い物客が足を止め、快く募金に応じていた。
 『東京・品川区』 
 東京都の「品川区平成28年熊本地震災害支援の会」(辻幸雄代表)は21日、東京臨海高速鉄道りんかい線・大井町駅近くのイトーヨーカドー前で、街頭募金活動を実施した。
 これには、公明党品川総支部(伊藤興一総支部長=都議)のメンバーが協力した。
 伊藤都議らは、熊本地震の余震が続く中、多くの避難者が不安の中にいることを訴え、真心の支援を呼び掛けた。
 小雨の中、買い物や駅を利用するために通り掛かった多くの人が「役に立てれば」と募金に応じていた。
 『山梨県』 
 熊本県を中心に相次ぐ地震の被災者支援に向けて、「山梨県熊本地震被災者救援の会」(坂本一男会長)は23日、山梨県甲府市の甲府駅前で救援募金活動を行った。これには、公明党山梨県本部から安本美紀代表(県議)をはじめ甲府市議らが駆け付け協力した。
 安本県代表らは「今なお続く地震に被災者の心身の苦痛はいかばかりか。一日でも早く元の生活が送れるよう真心の支援を」などと呼び掛けた。
 これに対し、通り掛かりの多くの人が足を止め、「少しでも役に立てれば」「頑張ってください」と募金に応じていた。
 『北九州市』 
 公明党の吉田宣弘衆院議員は24日、北九州市のJR小倉(小倉北区)、同黒崎(八幡西区)の両駅前で行われた「平成28年熊本地震被災者を救援する福岡県民の会」(前寛代表)の街頭募金活動に協力した。これには、党北九州総支部(二宮真盛総支部長=県議)の議員や党員らも参加した。
 吉田氏は「今なお昼夜を問わず余震が続いている上、水や食料などが不足し、被災された方は大変な苦労を強いられている。被災地に希望あふれる未来をつくるため、皆さんの真心のご支援を」と呼び掛けた。
 これに対し、通り掛かった多くの人が足を止め、「どうか役立ててください」と募金に応じていた。(4月27日 公明新聞より)

伊藤こういち行動記録

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。