So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

水辺の魅力を発信/公明議員 観光イベント後押し/東京・品川、大田区

s171115.jpg 「しながわ・おおた水辺の観光フェスタ2017」がこのほど、東京都の品川、大田両区を流れる京浜運河や勝島運河、天王洲公園などを会場に開催された。フェスタは大道芸や花火大会、気球搭乗体験、ビーチバレー、運河でのエレクトリカルパレードなど盛りだくさん。地域住民を中心に、多くの参加者でにぎわった。公明党の伊藤興一都議と品川、大田両区議が参加した。
 このうち勝島運河での「勝島 秋のカナルフェス」では、水難救助用ゴムボート(Eボート)による運河周遊体験のほか、派遣アーティストによる大道芸が行われた。その橋渡し役を担ったのが伊藤都議。大道芸のアーティスト派遣プロデューサーの橋本?雄さんは「機会を頂き感謝している。フェスタの盛り上がりに貢献できれば」と話していた。
 伊藤都議は、「東京五輪では、この地域でホッケーとビーチバレーの競技が行われる予定。五輪への機運を盛り上げながら、品川、大田両区の水辺の魅力や大道芸の素晴らしさを多くの皆さんに感じてもらいたい」と述べた。
 今回のフェスタ開催では、両区の超党派議員連盟が中心的役割を果たした。その一人でもある公明党の阿久津広王・品川区議は、「品川の水辺の魅力をアピールしたいと思い取り組んできた。来年以降もさらに盛り上げていきたい」と語った。(11月15日 公明新聞より)

伊藤こういち行動記録

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。